段落番号の振り直し

←前のページ トップ 次のページ→

文書内の段落番号 (【<数値>】形式のタイトル) の番号を振り直します。

最初の【<数値>】の <数値> が初期値になり、2 番目以降の【<数値>】が連番で振り直されます。

振られる数値の桁数は、既存の桁数に合わせられます。たとえば、12 が振られた場合、元のタイトルが【00】なら【12】に、【0000】なら【0012】になります。【0】の場合は【12】になります。

以下に例を示します。

振り直す前の段落番号

C:\doc\sample.doc
【0100】
【0101】
【0001】
【0102】
【0103】

振り直した後の段落番号

C:\doc\sample.doc
【0100】
【0101】
【0102】
【0103】
【0104】

Microsoft Word で文書を編集している場合は、このコマンドを実行する前に、Word を閉じてください。そうしないと PChecker が文書ファイルに書き込むことができません。Microsoft Word 以外のアプリケーションをご使用の場合も、そのアプリケーションが編集ファイルを「ロック」する場合 (またはロックするかどうかわからない場合) は、あらかじめ文書を閉じてください。

Microsoft Word 2003 など doc 形式を既定とするバージョンをお使いで、「ファイルコンバータ」を介して docx ファイルを編集している場合は、段落番号の振り直しはできません。

Microsoft Word の自動番号機能など、特殊な機能を使って記述されている番号は、正しく処理されない場合があります。